1. トップ >
  2. 大阪ガス住設の家とは? >
  3. テクノロジー >
  4. 耐火性

耐火性

万一の火災にも燃えにくく、延焼を抑え家族の命を守ります

ツーバイフォー工法は、十分な耐火性能を有しています

一般的に木は燃えやすいという印象がもたれます。しかし、ある程度の厚さや太さがあるものは、いったん燃えた後に表面に炭化層をつくるので、それ以上、燃えにくく強度も低下しないという性質を持っています。ツーバイフォー工法の構造材ぐらいの太さがある木材なら、耐火性能は十分。また、ツーバイフォー工法ではすべての天井や壁の内側全面に、厚さ12.5mmの石こうボードが貼られます。石こうボードには結晶水が約21%含まれており、炎が当ると水蒸気を放出するので、火災の際も天井裏や壁の内部の温度が上昇しにくく、木の発火を遅らせる役割を果たします。

木材は燃えると表層部が炭化して火の進行をストップ
国土交通省建築研究所の火災実験室温比較

ファイヤーストップ構造が、火が燃え広がるのを食い止めます

住宅の火災では床下や壁内部のすき間が火の通り道になるケースが多く見られます。しかし、ツーバイフォー工法では床や壁を構成する構造材などがファイヤーストップ材となり、空気の流れを遮断します。また、床根太、枠組材などが一定間隔で組まれているため、床や壁の内部構造は防火区画がいくつも作られているのと同じ状態となり、火の進行を遅らせます。燃え広がりにくく、初期消火しやすいのがツーバイフォー住宅です。

ファイヤーストップ構造図

ファイヤーストップ構造図

日本ツーバイフォー建築協会による3階建て実物大耐火実験
このページのトップへ
大阪ガス住設の家とは?