1. トップ >
  2. 新築・建替え >
  3. 実例紹介 >
  4. アーキテクトスタイル >
  5. FILE 097

彩都モデルハウスに一目惚れ。愛車を眺める日常のある家

生駒市 S邸/
◎竣工年月:2012.08
 
◎敷地面積:200.58m²(60.67坪) ◎延床面積:171.23m²(51.79坪)

FILE097 生駒市 S邸

外観も、内装も、モデルハウスのアイデアを採用しました

ご主人の会社が近いということもあって、この土地を選ばれたSさまご一家。ご要望はいたってシンプルで、愛車をいつでも見ていられる『ビルトインガレージのある家』。外観や内装に関して好みをヒアリングしながら、弊社モデルハウスへもご案内。なかでも、彩都のモデルハウスを気に入って頂けたようで『これと同じような感じで』とご要望いただき、住まいづくりがスタートしました。外壁の色合いや床材、壁材など、随所に彩都モデルハウスと同じものを採用しています。

FILE097 生駒市 S邸

外構についてもご提案。ガレージ前の足下には、外観の色合いに合わせて枕木を採用しています。

FILE097 生駒市 S邸

ポイント使いされた木材が、外観のアクセントになっています。

FILE097 生駒市 S邸

休日に寛ぎながら、愛車を眺めてゆったりと時間を過ごす。ご主人がそんなひとときを堪能できるリビングが完成しました。床材にはブラックチェリーを採用。

基本的な要望を伝えるだけで、安心してお任せできました

Sさまがお仕事で忙しいということもあり、打ち合わせに何度もお時間を取らせないよう家づくりを進めさせて頂きました。竣工後、家具選びに迷っておられるようでしたので、お部屋に合うものをセレクトしてご提案しています。木の温かみを感じる住まいは、月日を重ね使用感が出てくることで味わい深くなり、家族とともに年を重ねていける家とも言えます。

FILE097 生駒市 S邸

庭に面した窓からたっぷりと光を取り込むリビング。TVボードの背面に貼られた杉の無垢材が空間のアクセントになっています。近くの森の木々が見えるように、周辺の景色を生かすご提案もさせて頂きました。

FILE097 生駒市 S邸

奥さまお気に入りのプライベートガーデン。いつもリビングのようにくつろいでおられるそうです。

FILE097 生駒市 S邸

ウッドフェンスがガーデンのプライベート感を高めています。

STAFF VOICE

営業担当 橋本 卓良
営業担当 橋本 卓良

限られた打合せ時間のなかでしたので、精度の高い提案を心がけました。モデルハウスを気に入っていただき、概ねお任せいただいたのでスムーズに進めさせていただけました。幅の広いフローリング材はおすすめですね。

設計担当 福塚 将治
設計担当 福塚 将治

内外観とも彩都モデルハウス(当時)のテイストをベースにしたご提案でした。庭のフェンスも同様で、木の風合いが外からの視線を遮りながらも重くならず、リビングや庭でゆったりとくつろいでいただけます。

実例紹介 -アーキテクトスタイル- トップへ戻る
このページのトップへ
新築・建替え
    1. FILE119
    2. FILE 112
    3. FILE 101
    4. FILE 100
    5. FILE 098
    6. FILE 097
    7. FILE 096
    8. FILE 094
    9. FILE 092
    10. FILE 089
    11. FILE 088
    12. FILE 086
    13. FILE 083
    14. FILE 080
    15. FILE 077
    16. FILE 076
    17. FILE 073
    18. FILE 071
    19. FILE 070
    20. FILE 038
    21. FILE 021
    22. FILE 016
  • コンフォートスタイル
  • マイホームスタイル
  • 住まいづくりステップ