1. トップ >
  2. 新築・建替え >
  3. 実例紹介 >
  4. コンフォートスタイル >
  5. FILE 102

朝も、昼も、一日中ずっと。リビングに届く陽光とともに暮らす。

和泉市 T邸/
◎竣工年月:2012.09
 
◎敷地面積:317.42m²(96.01坪) ◎延床面積:186.31m²(56.35坪)

FILE102 和泉市 T邸

「失敗したと思うところが何もありません」

「営業担当が松阪さんでなかったら、決めていなかったです」と話しておられたTさまは、同時に他ハウスメーカーさんもご検討されていました。営業担当のどんなところが良かったですか?と尋ねると「いい加減な回答がなく、誠実な印象を受けたので安心できました」。ご提案したプランに対しては「想い描いている家にぴったりのものを出していただけましたし、空を眺められる吹抜けのあるリビングや、スッキリ片付けられる収納の多さが気に入りました」。外壁などの建築資材やプランの自由度の高さも、決め手になっていたようです。

FILE102 和泉市 T邸

外壁は落ち着いた大理石調のサイディングに。左手のガレージには車を2・3台停められるスペースを確保しています。

FILE102 和泉市 T邸

少しゆとりを持たせて設計した廊下と階段。「広いと気持ちいいです」とTさま。

「引越屋さんに『映画館みたいですね』と言われました」

高い天井とすっきり配置した窓。引越屋さんには吹抜けの窓がスクリーンのように見えたのかもしれません。勾配のついた吹抜けは、一番高いところで約5m。ソファに座るとかなりの開放感があります。上部2つの窓からは空だけが見え、Tさまが「気持ちいい」と言われるのがよくわかります。「設計の方がよく考えておられたからこそ、出来上がった空間だと思います」。弊社設計は南東の日当りの良さや隣家との視線などを考慮して窓を配置。一日中光に包まれるリビングを実現しています。「現場の方が施工途中の様子をしっかり撮影しておられたのも好印象でした」。建ててしまっては見ることができない施工途中の撮影にも喜んで頂けたようです。

FILE102 和泉市 T邸

ダイニングとキッチンは、大きなハンガータイプの引き戸で仕切ることもできます。「レールにゴミがたまらなくていいです」と奥さま。

FILE102 和泉市 T邸

ソファに座ると、正面に空、右にも空。一体化したような開放感があります。高い位置にある窓は、奥の和室にまで光を届けてくれます。

FILE102 和泉市 T邸

前の家では部屋をつぶして収納にしておられたそうですが、この住まいでは各空間に収納を設けているので、家中スッキリと片付けられます。

STAFF VOICE

営業担当 松阪 竜生
営業担当 松阪 竜生

ご満足いただけて何よりです。Tさまは住まいへのご要望を分かりやすく、丁寧にお話しくださいました。施主さまと営業担当として、とても良いお付き合いをさせていただいたことに感謝しています。

設計担当 福塚 将治
設計担当 福塚 将治

南側が交差点に面した高低差のある立地ですので、歩道や車道からの人目を気にせず大きな窓を配置することができました。吹抜けとの相乗効果で、明るく開放感いっぱいの住まいができました。

実例紹介 -コンフォートスタイル- トップへ戻る
このページのトップへ
新築・建替え
    1. FILE 122
    2. FILE 120
    3. FILE 111
    4. FILE 110
    5. FILE 106
    6. FILE 105
    7. FILE 104
    8. FILE 103
    9. FILE 102
    10. FILE 093
    11. FILE 087
    12. FILE 085
    13. FILE 084
    14. FILE 072
    15. FILE 048
    16. FILE 019
  • アーキテクトスタイル
  • マイホームスタイル
  • 住まいづくりステップ