1. トップ >
  2. 新築・建替え >
  3. 実例紹介 >
  4. マイホームスタイル >
  5. FILE 107

リビングの吹抜けがもたらした一体感 2階にいても家族の存在を感じる家

川西市 K邸/
◎竣工年月:2012.09
 
◎敷地面積:205.69m²(62.22坪) ◎延床面積:140.46m²(42.48坪)

FILE107 川西市 K邸

「私たちでは思いつかないような家に仕上がりました」

裏が一段下がっているこの場所からの景色を気に入って、土地を購入されたKさま。住まいのポイントとなっているのは、リビングの吹抜けです。たっぷりと太陽の光を取り込みながら、リビングに開放感をもたらしています。階段を上がった2階にはフリースペースがあり、吹抜けを通じてリビングとつながっているので、家族がお互いの存在を感じながら過ごせます。「吹抜けもフリースペースも、様々なアイデアをお持ちだった担当の方がいたから実現できました」とご満足頂いています。

FILE107 川西市 K邸

南欧の雰囲気を演出するため、外壁の腰壁に石風の素材を採用。

FILE107 川西市 K邸

玄関横の大きなシューズクロークからも室内にあがれます。使い勝手を考えた設計です。

FILE107 川西市 K邸

大阪方面を望む、2階からの景色は抜群です。

FILE107 川西市 K邸

リビングと一体となった2階のフリースペース。屋根裏のデッドスペースをロフトとして活用しています。

「家に合わせてインテリアも選んで頂き、素敵な空間になりました」

「カーテンやロールスクリーン、コンセントカバーやドアノブの色など、細かな部分までご提案してくださったのには驚かされました。素敵な住まいになりました」と奥さま。ご提案したものを気に入って採用して頂けたのは、嬉しい限りです。住まいを素敵に彩るインテリアのご提案もお任せください。

FILE107 川西市 K邸

吹抜け、ダイニング、キッチンと天井の高さを変えることで、空間にリズムを生み出しました。吹抜けのFIX窓は柔らかな光をたっぷり室内に届けてくれます。

FILE107 川西市 K邸

天井を少し下げたキッチンの天井には、間接照明を入れています。夜になるとLDKを穏やかな灯りで包んでくれます。

FILE107 川西市 K邸

吊り押し入れ下の床には、「なぐり加工」という茶室や数寄屋建築に用いられる加工を施しています。表面の凹凸に光が当たると、水面のようにも見えて美しいです。

STAFF VOICE

営業担当 溝渕 英晃
営業担当 溝渕 英晃

北側道路で、南側ひな壇の特性を生かすため、吹抜けや大きな窓を採用したとても開放的な住まいです。マイホームスタイルらしく南欧風の外観で、明るい太陽とさわやかな風を感じていただけます。

設計担当 田代 栄二
設計担当 田代 栄二

あえて天井の高さに変化をつけることで、空間としての緩急を生みだしています。昼間は吹抜けと白い壁が家全体を明るくし、夜は間接照明でくつろぎの時間を演出。インテリアのコーディネートもご満足いただけました。

実例紹介 -マイホームスタイル- トップへ戻る
このページのトップへ
新築・建替え
    1. FILE 113
    2. FILE 109
    3. FILE 107
    4. FILE 082
    5. FILE 081
    6. FILE 079
    7. FILE 078
    8. FILE 061
    9. FILE 060
    1. コンフォートスタイル
    2. アーキテクトスタイル
    3. 住まいづくりステップ