1. トップ >
  2. 新築・建替え >
  3. 実例紹介 >
  4. マイホームスタイル >
  5. FILE 109

「ガレージハウス」と「アンティークな空間」家族の想いを詰め込んだ家

和歌山市 S邸/
◎竣工年月:2014.03
 
◎敷地面積:200.00m²(60.50坪) ◎延床面積:194.51m²(58.83坪)

FILE109 和歌山市 S邸

「外観、インテリア、間取りなど、すべて思っていた通りの仕上がりです」

クラシックなミニクーパーをご夫婦で愛するSさま。住まいづくりにおいても、ガレージは重要なポイントとなっていました。また、落ち着いたら奥さまが美容院を開業される予定があり、お店をすることになっても良いような住まいにしたいというのも条件の一つでした。建築家や地元の工務店など数社に相談されましたが「大阪ガス住宅設備さんは、こちらの要望に『対応できます』という快い返答だったので安心して依頼しました」とSさま。インナーガレージや美容室になる予定の洋室の仕上がりにもご満足頂いています。

FILE109 和歌山市 S邸

玄関ポーチのある左側が住居の玄関、庇(ひさし)のある右側がいずれ美容室の入口となります。

FILE109 和歌山市 S邸

雨を避けながら室内からも車を眺めることができるインナーガレージ。車を停める位置を少しずらすことで後ろにスペースができ、バーベキューなどを楽しめる家族のプライベートガーデンもできました。

FILE109 和歌山市 S邸

美容室として使われる予定のスペース。奥さまが大好きなアンティーク調の内装で、落ち着いた雰囲気に仕上げました。

FILE109 和歌山市 S邸

左の洋室そばのトイレ。柔らかなグリーンの壁紙を張ることで、爽やかさを演出しています。

「リビングとダイニングが一体なので、広くて快適です」

吹き抜けのFIX窓から陽光がふりそそぐリビングについては、「思っていたよりも明るくて良かったです。リビングとダイニングの境目がないような間取りなので、広々と使えるのもいいですね」とSさま。LDKで家族がそれぞれ違うことをしていても、一体感を感じながら過ごせる住まいが完成しました。

FILE109 和歌山市 S邸

一つの大きな空間となっているLDKは、色あいを統一してスッキリとまとめました。エアコンの目隠しは、収納と一体化して、より目立たないように。ダイニングの奥の机は、子どもさんの勉強スペースです。

FILE109 和歌山市 S邸

吹き抜けのFIX窓から光がふりそそぐリビング。昼間は照明がいらないほど、明るい空間です。

FILE109 和歌山市 S邸

キッチンはSさまのご要望でアンティーク調のものをオーダー。木質感あふれるダイニングとキッチンです。

FILE109 和歌山市 S邸

奥の和室の畳は、空間のイメージに合わせて亜麻色(あまいろ)の琉球畳に。

FILE109 和歌山市 S邸

遊び心のある壁紙で、アクセントをつけたSさまの書斎。「造り付けのL型デスクは、すごく使いやすいです」

FILE109 和歌山市 S邸

洗面化粧台は、お子さんが成長しても並んで使える大きさ。収納する物によって高さを変えられる可動式の棚が便利です。

STAFF VOICE

営業担当 橋本 卓良
営業担当 橋本 卓良

「店舗」としての機能と、「住まい」としてのプライベート空間との調和を心がけました。「マイホームスタイル」らしいナチュラルでアンティークな雰囲気のガレージハウスに、黄色のミニクーパーがとても印象的です。

設計担当 中西 寿一
設計担当 中西 寿一
設計担当 田代 栄二
設計担当 田代 栄二

暮らしやデザインへのこだわりを明確にお持ちでしたので、ご要望をお伺いしながら家具や照明に至るまでご提案させていただきました。キッチンやトイレ、書斎など、Sさまお好みのアクセントが光る住まいが完成しました。

実例紹介 -マイホームスタイル- トップへ戻る
このページのトップへ
新築・建替え
    1. FILE 113
    2. FILE 109
    3. FILE 107
    4. FILE 082
    5. FILE 081
    6. FILE 079
    7. FILE 078
    8. FILE 061
    9. FILE 060
    1. コンフォートスタイル
    2. アーキテクトスタイル
    3. 住まいづくりステップ