1. トップ >
  2. 新築・建替え >
  3. 実例紹介 >
  4. コンフォートスタイル >
  5. FILE 110

どの空間からも見える中庭が家族に贅沢な時間をもたらす平屋

貝塚市 T邸/
◎竣工年月:2014.02
 
◎敷地面積:259.70m²(78.55坪) ◎延床面積:95.23m²(28.80坪)

FILE110 貝塚市 T邸

「娘が嫁ぎもうすぐ2人になるので平屋にしました」

Tさまご夫婦は結婚30周年。ご主人は定年前に夫婦の住まいを作りたいと考え、奥さまとふたりになっても住みやすい平屋を建てられました。土地が見つかり、いくつかの会社に相談しながらプランを比較検討。当社に依頼する決め手となったのは、中庭のあるプランでした。家の真ん中にある中庭が光と風の通り道となりながら、家族の憩いの空間に広がりを与え、家で過ごす時間を素敵に演出しています。太陽光発電とエネファームのダブル発電を導入しており「家で使う電気の約98%はまかなえています」とご主人は喜んでおられました。

FILE110 貝塚市 T邸

スッキリとシンプルにまとめた外観には、デザインの
アクセントとして小窓を配置。ちょっとした空気の
入れ換えにも重宝します。

FILE110 貝塚市 T邸

玄関から中庭がスッキリ見えるのは、正面を床から天井までの大きなFIX窓にしたからです。「遊びに来た方々が扉を開けた瞬間の光景に驚かれます」とご主人。

「こうした方が良かったと思うところがありません」

住んでみていかがですか?という質問にご主人は「中庭は作って正解でしたし、すべて満足しています」。また「設計の方が窓の高さやスイッチの位置まで細かくこだわってくださり、その場ですぐラフスケッチを描いてくれたのですごくイメージしやすかったです」と、ご夫婦とも納得の住まいが完成しました。 

FILE110 貝塚市 T邸

内装に合わせた素敵な家具がセレクトされており、空間内の色合いが美しいLDKです。
キッチンの壁面に配置した小窓は「外が見えるので炊事をしていても気持ちがいいです」と奥さま

FILE110 貝塚市 T邸

TVの後ろをタイル&間接照明にすることで、空間がグッと引き締まります。床材にはブラックチェリーを使用。

FILE110 貝塚市 T邸

ダイニングから見える中庭。「家の中にいながら外の
様子がわかるし、風通しがよくて明るい。
いつもご飯を食べながら夫婦で『贅沢やねぇ〜』と
話しています」

FILE110 貝塚市 T邸

寝室から見える中庭。「朝起きたときにここから
見える景色が一番好きです」と奥さま。
中庭が爽やかな朝をもたらしてくれます。

STAFF VOICE

営業担当 橋本 卓良
営業担当 橋本 卓良

休日は娘さんやお孫さんとゆったり過ごせるように、というご夫婦のお気持ちを最優先した家づくりでした。中庭のあるゆったりとした間取りで、バリアフリーやダブル発電の採用など機能面や環境面にも配慮した住まいです。

設計担当 成田 将寛
設計担当 成田 将寛

平屋建てに中庭を設けることで室内がいっそう明るく、住まいのどこにいても中庭を眺めることができます。家で過ごされる時間が最高のやすらぎになるよう、今後の生活シーンをイメージしやすい提案を心がけました。

実例紹介 -コンフォートスタイル- トップへ戻る
このページのトップへ
新築・建替え
    1. FILE 124
    2. FILE 123
    3. FILE 122
    4. FILE 120
    5. FILE 111
    6. FILE 110
    7. FILE 106
    8. FILE 105
    9. FILE 104
    10. FILE 103
    11. FILE 102
    12. FILE 093
    13. FILE 087
    14. FILE 085
    15. FILE 084
    16. FILE 072
    17. FILE 048
    18. FILE 019
  • アーキテクトスタイル
  • マイホームスタイル
  • 住まいづくりステップ