リフォームなら大阪ガス住設 > 商品 > 耐震リフォーム > 耐震診断と補強設計

耐震診断と補強設計

耐震診断とは

国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」(財団法人日本建築防災協会発行)に基づき、地盤や建物重量、壁の量、床の剛性、構造材の接合部などをプロの目で調査します。
※2×4(ツーバイフォー)住宅・鉄骨造・コンクリート造等は対象外

耐震性を判断するポイント

建物調査

基礎のヒビをチェック
基礎のヒビをチェック
基礎の鉄筋の有無をチェック
基礎の鉄筋の有無をチェック
外壁の状態をチェック
外壁の状態をチェック

屋外調査

  • 外壁のヒビ割れの有無と状態
  • 屋根瓦のズレ
  • 基礎のヒビ割れの有無と劣化度
などを調査します。

壁の傾きをチェック
壁の傾きをチェック
床ふところのチェック
床ふところのチェック
壁幅のチェック
壁幅のチェック

屋内調査

  • 柱の傾き
  • 壁の状態
  • 床の傾斜の度合い および水漏れ
  • 雨漏りの有無
などを調査します。

屋根裏の状況をチェック
屋根裏の状況をチェック
継ぎ手状況のチェック
継ぎ手状況のチェック
接合部のチェック
接合部のチェック

小屋裏の調査

  • 筋交いの有無や接合部の状態
  • 屋根下地材
などを天井裏に入りチェックします。

床下の状況チェック
床下の状況チェック
筋交いのチェック
筋交いのチェック
土台・基礎のチェック
土台・基礎のチェック

床下の調査

  • 基礎のヒビ割れや 鉄筋・筋交いの有無
  • 土台の腐食
  • シロアリ被害
などを床下にもぐり調査します。

調査(診断)結果と補強方法のご報告

耐震性能の判断基準
※(財)日本建築防災協会「木造住宅の耐震診断と補強方法」による。

調査結果は、国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の基準に基づき診断報告書を作成します。再度ご訪問し、診断結果のご説明を致します。 問題がある場合は、どのように補強すれば良いか、ご提案します。
耐震診断書「現状」と「補強案」

診断結果と補強方法の参考例

■現状の耐震性能
方向 強さ
P(kN)
配置
E
劣化度
D
保有耐力
Pd+P*E*D(kN)
必要耐力
Qr(kN)
評点
Pd/Qr
判定
2F X 24.08 1.00 1.00 24.08 25.57 0.94 倒壊する可能性がある
Y 9.45 1.00 1.00 9.45 25.57 0.36 倒壊する可能性が高い
1F X 38.91 1.00 1.00 38.91 52.68 0.73 倒壊する可能性がある
Y 15.21 0.50 1.00 7.60 52.68 0.14 倒壊する可能性が高い
■補強した場合の耐震性能
方向 強さ
P(kN)
配置
E
劣化度
D
保有耐力
Pd+P*E*D(kN)
必要耐力
Qr(kN)
評点
Pd/Qr
判定
2F X 25.36 1.00 1.00 25.36 17.90 1.41 一応倒壊しない
Y 18.79 1.00 1.00 18.79 17.90 1.04 一応倒壊しない
1F X 45.42 1.00 1.00 45.42 41.23 1.10 一応倒壊しない
Y 44.09 1.00 1.00 44.09 41.23 1.06 一応倒壊しない

補強方法

    • 耐震診断と補強設計
    • 耐震補強の方法
    • 耐震補強の実例
    • 耐震診断のお申込み・資料請求

このページの上部へ